Windowsが勝手にショートカットを削除するのを防ぐ

投稿


Windows7がデスクトップ上のショートカットを勝手に削除する。
無効なショートカットを自動的に削除してくれる機能らしい。

ネットワークドライブやリムーバルデバイス上へのショートカットなら、
接続が切断されると削除してしまう。
公式 [↗]によるとこれは仕様らしい…

以下は公式 [↗]の解決方法の絵付き。

「コントロールパネル」の「システムとセキュリティ」―「問題の発見と解決」から…

「設定の変更」を選び…

「コンピューター保守」から「無効」ラジオボタンにチェックを入れる。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。