almost ギリギリアウト, barely ギリギリセーフ

投稿


almost は「ほとんど」という日本語で覚えていたが、
「ほとんど ≒ 大部分」というより「ギリギリアウト」のイメージの方がしっくりくる。

『スーパー・アンカー英和辞典 第5版 (SA5)』で almost を引いてみると…
(以下引用、強調は私)

almost の意味の核は「(そう)ではないが,(それ)に近い,ノーだがもう少しでイエス

The child almost drank the poison.
(子供はもう少しで毒を飲むところだった)

スーパー・アンカー英和辞典 第5版


barely は「ギリギリセーフ」。

He can barely speak French.
彼はフランス語をかろうじて話せる

スーパー・アンカー英和辞典 第5版


『スーパー・アンカー英和辞典』は、上記のような日本語と英語の間で微妙な違いがある(つまり日本語話者が間違えやすい)ものについて詳しく書かれていておすすめです。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。