MBMでWindows7とLinuxのデュアルブート

投稿


Windows Vistaからブートローダが大幅に変わってしまったので、OSのデュアルブートが以前より面倒くさくなった。
bcdedit.exe(Windows付属)あるいは、grubをインストールして設定すればいいのだが、
てっとりばやく、MBM [↗]でデュアルブートしてみた。

まずはWindows7が入ったコンピュータに、Linuxをインストール。
この時、grubをLinuxが入るパーティションのMBRにインストールする。
(Windows7のあるディスクのMBRにgrubをいれるとWindowsブートローダが壊れます!)

MBMをフロッピー(またはブータブルCD)から起動する。
パーティションのリストが表示されるので、WinまたはLinuxの入っているパーティションを選択するとOSが起動します。
この時MBMのメニューから、MBMをインストールしておけば、次回からフロッピーは不要となります。





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。