ペンタブレットがひっかかって描けない

投稿


ペイントにて、ペンタブレット(Wacom Bamboo CTH-470)を使うと、
銀色の丸っこい輪っかが出てきて、ひっかかってうまく描けない。
Tablet PC Input Service“が邪魔をしているようだ。
 
 
Tablet PC Input Service“を停止させるには…
(※注意: サービスはWindowsの重要な機能です。まちがった操作をすると、パソコンがうまく動かなくなったり、最悪起動しなくなります。以下の作業を行う場合は、よく注意して自己責任で実施して下さい。)
 
 
[Windows] + [R]キーで、「ファイル名を指定して実行」を出して…”services.msc“で「OK
ペンタブレットがひっかかって描けない001
 
リストから「Tablet PC Input Service」サービスを探して、右クリックメニューから「プロパティ」を選択。
ペンタブレットがひっかかって描けない002
 
スタートアップの種類を「無効」、サービスの状態を「停止」にして「OK」ボタン
ペンタブレットがひっかかって描けない003
 
これでOK。
その他、ペンタブレットで描きにくい場合は、
Wacom ペンタブレット+Windows7で上手くかけない場合 [↗]
が、参考になる。
 


 
※2016/02/02追記
Windows10では”Tablet PC Input Service”を停止していても、銀色の丸っこい輪っかが出てくるようになり、上記の方法は使えません。
また、ワコムの公式ドライバで設定ができるようになっていたので、それを使うと良いです。
詳しくはこちら → 線の書きはじめが遅れて表示される、または丸い輪のようなものが表示される。 | Wacom [↗]





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。